運輸安全マネジメント TRANSPORTATION SAFETY MANAGEMENT

01

輸送の安全に関する基本的な方針

2019年度基本方針
全社員一丸!「基本の継続で安全最優先」
02

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

2018年度 2019年度
目標 『全ての安全は確認から、もう一度基本に戻り指差し確認『指差呼称で無事故達成!』 『全ての安全は確認から、もう一度基本に戻り指差し確認『指差呼称で無事故達成!』
達成状況 当方過失
交通事故
2017年度実績 14件 当方過失
交通事故
2018年度実績 12件
2018年度実績 12件 2019年度目標 6件
03

自動車事故報告規則第2条に規程する事故に関する統計

(2018年4月1日~2019年3月31日)
第2条第3号に該当する事故件数 0件

04

輸送の安全に関する組織及び指揮命令系統

安全管理規程(PDF)」の添付資料である
輸送の安全に関する管理指揮命令系統図(PDF)」で定めております。

05

輸送の安全に関する重点施策

1) 類似型事故の防止(逆突事故・交差点事故防止)
2) 各種データ活用の事故防止教育の実施 「見える化」「見せる化」
3) 改善基準告示の遵守(労務管理の徹底)

※2019年度安全推進グループの重点実施項目として、以下の3項目に取組んでおります。

1 類似型事故の防止
(逆突事故・交差点事故防止)
  • 実技訓練強化による逆突、交差点事故防止教育
  • 意識改善を図る実践的な実技訓練(危険作業等の実施)
  • 入社5年未満者、55才以上及び事故発生者の事故防止
    (ドライブレコーダーデーター活用・同乗指導等)
2 各種データ活用の
事故防止教育の実施
「見える化」「見せる化」
  • ドラレコ映像を活用した事故防止教育
  • 目で見て感じる全体会議・班会議の実施(安全風土の確立)
3 改善基準告示の遵守
(労務管理の徹底)
  • 計画的な現場巡回指導
  • デジタコを活用した労務管理表による計画的な指導・教育
  • 事業部と連携した指導・教育
06

輸送の安全に関する計画

2019年度の具体的な行動は下記の通りです。

1) 安全方針の周知・徹底
a. 事務所・休憩室・点呼場所・アルコール検知場所に安全方針の掲示
b. 安全会議、実技訓練開始時に「安全方針」の唱和、終了時に「指差呼称」の実施
2) 安全重点施策の実現
a. 半期毎の検証(PDCAによるスパイラルアップ)
b. 実践的な実技訓練の実施
07

事故・災害等に関する報告連絡体制

安全管理規程(PDF)」の添付資料である
事故災害発生時連絡体制図(PDF)」で定めております。

08

輸送の安全に関する教育及び研修計画

1) 安全推進指導員と連携し、支店長、営業所長が中心となった事故防止活動
2) 営業所毎の弱みに即した指導・教育
3) 安全声かけの徹底
4) 作業前リスクの洗い出し

09

輸送の安全に関する内部監査結果及びそれを踏まえた措置内容

安全推進グループが営業所に対し月1~2部署毎に内部監査を実施しております。(営業所総数22ヶ所)
内部監査の結果で改善すべき是正措置及び予防措置が認められた場合、被監査者である営業所長へ内容を説明し、是正・改善を実施、その後の状況を確認しております。

10

安全統括管理者、安全管理規程

安全統括管理者 : 取締役物流事業部長 丸山 博
安全管理規程 : 2018年7月1日施行(2018年6月20日制定)

11

処分内容、講じた措置等

処分なし。

お問い合わせ CONTACT
本社
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目11番地5
川浅ビル4階 tel.045-478-6100